« 習志野vs桐生第一 春季関東大会・1回戦 | トップページ | 春季近畿大会 動画速報!!(大会1日目) »

2010年5月20日 (木)

花咲徳栄vs土浦湖北 春季関東大会・1回戦

遅くなりましたが前回の続きを・・・

この日の第二試合は花咲徳栄(埼玉1位)と土浦湖北(茨城2位)の対戦でした。

試合前・花咲徳栄のブルペン・・・

どうやらこの日も五明君の先発は無さそうです。

まずは花咲徳栄のシートノックを↓

 

そんなわけで花咲徳栄の先発は松本君(2年)でした

P1120192_convert_20100520143238

試合が動いたのは3回ですが、その前に花咲徳栄の校歌を♪

※そろそろ校歌を覚えましたか(^ω^;)?

 

3回裏 土浦湖北の攻撃

9番が四球で出塁、1番松尾のヒットで1・2塁に・・・

2番がセカンドゴロ・・・セカンドが2塁へ送球するもショート捕れず満塁に!?

続く3番野坂がライトへ大きな犠牲フライ・・・

3塁ランナータッチアップrun1点先制!!

その後

土浦湖北・金子

花咲徳栄・松本

両投手の投げあいで、あっという間に9回へ・・・

9回表 追い詰められた花咲徳栄は先頭の4番戸塚に代打→橋本

『大きなあたり━(゚∀゚)━!! !!』

両翼100m/中堅122m の、ここひたちなか市民球場じゃなければ入っていたことでしょう・・・

1アウトから5番英のヒットと盗塁で2塁まで進めますが、最後はセカンドフライで試合終了。

1-0土浦湖北の勝利!!

ダイジェストはこちら↓

 

第三試合も観たかったのですが、ここから我が家まで5時間以上かかると言う事もありシートノックだけ見て帰ることに・・・

『横浜創学館』

愛唱歌 「遥かな想い」

横浜創学館では校歌ではなく、みんなが口ずさめる歌という意味で愛唱歌を定めています。
小田和正さんが作詞・作曲を手がけてくださり、2003年に完成したそうです。

今我らは 同じ道を ともに歩き始めた
見つめるべき未来を 語るべき言葉を求めて

集いし我が友 その名に誓って
いつしか 世に出ずるとも
我が母校の 誇りを忘れない

春夏秋そして冬と 数え切れぬ思い出
その笑顔と涙が かけがえのない時を刻む
 
飛び立て我が友 ためらうことなく
いつの日も この心は
君とともに そこにあるのだから

窓開ければ 夕べの街 ただ潮騒 届いて
想いは遙か遠く 名も知らぬ卒業生たち
 
この空 この風 抱かれて あなたは
繰り返し 過ぎゆく日々
海の彼方 何を見つめていた
 
あふれる想いを せいいっぱいの勇気を
きらめくこの時を 残して行きたい
  
我らがいる この場所に
我らがいた 確かな証として

詳しくは横浜創学館のHPを御覧下さい→横館

 

青藍泰斗高校の校歌も作詞・売野雅勇氏作曲・芹澤廣明氏とかなり有名な方が作ったようで今風な感じでした♪

 

そんなわけで帰りはうなぎ弁当を食べながら帰ったと言うわけですがお茶とあわせて1500円もするとは思いもしませんでしたcrying

P1120411_convert_20100520143338

それでは最後にデジブックを・・・

山下君を探せ(〃´艸`)♪

↓   ↓

 

『完』

                                                                                    

※『高校野球・ブログランキング』と『人気ブログランキング』に登録しています♪

必ず投票しよう!

↓  ↓

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

|

« 習志野vs桐生第一 春季関東大会・1回戦 | トップページ | 春季近畿大会 動画速報!!(大会1日目) »