« 帝京 『注目の打者』 | トップページ | 甲子園支えた「声」・・・ »

2010年2月10日 (水)

神戸国際大附 注目の打者

こんな記事がありました(;-_-;)paper

↓   ↓

~毎日jp~

 「『投高打低』と言われてきたセンバツの歴史を変えたい」。上里田哲英コーチ(38)の言葉は、神戸国際大付の課題も象徴する。

 秋季県、近畿大会を制したチームが全国制覇を目指した「第40回記念明治神宮野球大会」。だが、1回戦で今治西(愛媛)に1-2と逆転負け。人一倍、危機感を抱くのは3番・田中克選手と6番・石井利典選手。「打率が高く技巧派」「パワーのある打者」と、互いの長所を認め合う1年生のライバルだ。

九回表、チーム最後の打者となった石井選手は内野ゴロに打ち取られその裏、2点を失い逆転負けを喫した。秋から6番の石井選手は毎日約600球のティーバッティングを続け、近畿大会2回戦の天理戦で勝ち越しの適時三塁打を放つなど自信を深めてきただけに「一番悔しかった」。

 敗戦は意識変革をもたらした。田中選手は「投手のレベルが上がると、打たないと勝てないと思い知った」。際どいコースでも打ち返せるようにと、ストライクゾーンをボール一つ大きくとらえるようになったという。

・・・以下省略

                                                            

そんなわけで本日は、近畿大会で大活躍をした神戸国際大附属の田中克選手(1年)を紹介したいと思います。

                                                              

なんと言っても秋季近畿地区大会1回戦・対北大津で9回まで3対1で負けていた神戸国際大附ですが相手エラー等で同点とし、逆転サヨナラタイムリーエラーを誘う当たりを打ったのが田中克選手(1年)でした

                                                                   

近畿大会でのヒットシーンをまとめたので御覧下さい♪

  

                                                                                    

まだ1年生ということで将来、楽しみな選手です・・・

それでは最後に秋季大会『神戸国際大附』のデジブックを作ったのでどうぞ・・・・・・

※写真提供→mixiでおなじみの関西ペイント前さん

      

↑   ↑

※デジブックのプレミアム会員になっていないため28日後に消えます。                                             

『完』

                                                                                    

※『高校野球・ブログランキング』『人気ブログランキング』に登録しています♪

よろしければ応援クリックgoodをして頂けると嬉しいです

↓  ↓

にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
にほんブログ村

↓  ↓

人気ブログランキングへ

|

« 帝京 『注目の打者』 | トップページ | 甲子園支えた「声」・・・ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1272137/33324596

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸国際大附 注目の打者:

« 帝京 『注目の打者』 | トップページ | 甲子園支えた「声」・・・ »